トップメニュー 検索
トップページ > 健康福祉局 > よこはま健康スタイル ~ YOKOHAMA ENJOY WALKING ~ > よこはまウォーキングポイント > 参加者の声

参加者の声

参加者の声一覧(全件表示)

活用方法カンクちゃん(中区・60代・女性・アプリ)NEW

参加者の声 カンクちゃん(中区・60代・女性・アプリ)

よこはまウォーキングポイントに参加してから、歩くことをとても意識するようになりました。以前から散歩は好きでしたが、歩数がポイントになることもあり、自分でも決めた歩数を歩きたいと意欲が高まっています。1人で歩くことが多いですが、順位もわかるので、見えない誰かの頑張りが私の頑張りにもつながっていると思います。気分転換のためにも、いつもと違う場所を歩くと新しい発見があり、まだまだ知らない横浜に詳しくなりたいとも思います。これは続けやすい健康法だと周囲の友達も誘っているところです。

活用方法キルヒアイスさん(鶴見区・50代・男性・アプリ)NEW

参加者の声 キルヒアイスさん(鶴見区・50代・男性・アプリ)

良かったことは、基本的に機会があれば歩こうと思うようになったことです。 歩くことで、普段は気にならない季節の変わり目を肌で感じられることも良かったと思います。鶴見区はあまりウォーキングコースはありませんが、マップを確認しながら歩くのも楽しかったです。普段はなるべく歩くような癖がついてきて、仕事終わりに歩数を確認して、足りない時には遠回りして帰るなど活用しています。また、休みの時は、あまり外出はしていませんでしたが、季節を感じるために山歩きやトレッキングに出かけて歩くようになりました。

活用方法ぱるさん(神奈川区・60代・女性・アプリ)NEW

参加者の声 ぱるさん(神奈川区・60代・女性・アプリ)

コロナが5類に移行した今年のGW、自宅近くのみなとみらい地区などは観光客で大混雑していました。そこで、よこはまウォーキングポイントを利用して瀬谷区の公園巡りを計画しました。「瀬谷の逸品」に選ばれたベーカリーで美味しいパンを買い、子供たちが遊ぶ小さな公園のベンチで素敵なランチを楽しみました。中学生達が野球の試合で汗を流している様子をのんびり眺めたり、無人の野菜販売所でスナップエンドウを選んだりと、同じ横浜市内で過ごしているとは思えないくらい静かで落ち着いたGWでした。

活用方法hamanobusaさん(旭区・70代・女性・歩数計)NEW

参加者の声 hamanobusaさん(旭区・70代・女性・歩数計)

夫婦で参加して8年になりました。70代も後半を迎え、量より質、そして楽しいウォーキングを心がけています。先日は、新潟在住の娘家族に二人の孫(私たちにとってはひ孫です)が誕生し、会いに行きました。その際も、初日には早朝の諏訪湖を眺めながら、2日目は上越高田公園で、3日目は娘も同行し妙高いもり池周辺の紅葉見物、そして帰路は松本で宿泊し安曇野散策と、どこに出掛けても必ずウォーキングを予定に組み込みことで楽しい4日間を過ごすことができました。

活用方法まんまるさん(南区・50代・女性・アプリ)NEW

参加者の声 まんまるさん(南区・50代・女性・アプリ)

よこはまウォーキングポイントのアプリを入れてから、ウォーキング中に出会った美しい花や、可愛い動物たち、素敵な景色などを、スマホのカメラで撮影し、写真投稿することがあります。他の参加者の方に見てもらえることが、楽しみの1つになっています。

活用方法夏草冬濤さん(青葉区・60代・女性・アプリ)NEW

参加者の声 夏草冬濤さん(青葉区・60代・女性・アプリ)

夫のメタボ対策でYWPのウォーキングコースを歩き始め、2人でめでたく全コースを達成しました。しかしその後が問題で、せっかく良くなった夫の健診の数値がじわりと悪化。ウォーキングが目的なのだから、また最初から同じコースを歩けば良さそうなものですが、「ポイントチェック」と「小さな達成証明書」が意外とモチベーションになっていたらしく、実行できないままです。そこで「スタンプイベント」や「特別ミッション」が始まると、待ってましたとばかりに参加します。たかがスタンプされどスタンプ、歩き続けるきっかけになる良いアイデアだなあ…と毎回夫と感心しながら歩いています。これからも色々なイベントが企画されることを楽しみにしています。

健康を実感!Micoさん(金沢区・80代・男性・歩数計)NEW

参加者の声 Micoさん(金沢区・80代・男性・歩数計)

よこはまウォーキングポイントに参加して4年近くなります。最近ではすっかりウォーキングが身に着き、歩くことが億劫ではなくなりました。残念ながらなかなか年目標の7,000歩/日は達成できませんが、歩く楽しみが定着してきたように思います。私は色々な都市にある城下町や昔の面影のある街並み歩くのが好きで、よく出かけます。そのような場所では、特に造り酒屋、味噌店、油店、薬屋、蔵など昔の風情のある建物が点在しています。そのような趣のある光景を見て回るには、歩くのがベストだと思います。ウォーキングの楽しみの一つは、歩きながら見学する途中で、地元のお菓子屋さんに立ち寄り、そこでしか味わうことのできないお菓子を食べたり、店の主人と話をしたりしてひと時を過ごすことです。このような観光は、ウォーキング無しには考えられません。これからも歩く観光を続けたいと思っていますので、日頃しっかりと歩いて足腰を鍛えておきたいと思っています。

その他!うきえりさん(西区・30代・女性・アプリ)NEW

参加者の声 うきえりさん(西区・30代・女性・アプリ)

一日の歩数を意識するようになりました。勤務先への往復だけでなく、外出時にも「できるだけ歩数を稼ごう」という意識に変わりました。目標値に達していないと悔しかったり、あと何歩で達成と分かると、少し多めに歩いてみたり…と、健康を意識しながら楽しめるのが魅力です。なんとか抽選に参加できるよう、毎月頑張って歩いています。

その他!小式部内侍さん(神奈川区・30代・女性・アプリ)NEW

参加者の声 小式部内侍さん(神奈川区・30代・女性・アプリ)

階段を使用したり1駅歩いたり、無理のない健康習慣ができただけでなく、歩きながら考えごとを整理できるので、精神的にも良い習慣がつきました。チーム対抗戦イベント時に社内で参加した時は、社内全体の歩数が圧倒的に増加し大変盛り上がりました。

その他!ゆずさん(戸塚区・50代・女性・アプリ)NEW

参加者の声 ゆずさん(戸塚区・50代・女性・アプリ)

よこはまウォーキングポイントに参加して良かったことはウォーキングする習慣がついたことです。歩いた歩数が確認できるので目標を決めて、そこを目指し、チョコチョコ動くようになりました。今までは近所に行くにも車や自転車を使用していましたが、歩くことにより、家庭菜園や季節の花々に目がいくようになり楽しみにも繋がっています。最近では地域猫の茶トラちゃんとも仲良くなり嬉しい出来事です。これからも体調に合わせて無理せずウォーキングを楽しみたいと思っています。

その他!ラブさん(南区・60代・女性・アプリ)NEW

参加者の声 ラブさん(南区・60代・女性・アプリ)

私はウォーキングポイントに参加してつくづく良かったと思っています。少し前に長年働いていた職場を卒業して、これからは自分の思うように過ごしていきたいと考えた時に、とても力になってくれたからです。仕事では歩く事が多く一日一万歩は当たり前でした。家の中に籠っていてはいけません。最初は行きたい所に自由に行ける楽しさを充分味わいました。綺麗な花を見たり素敵な建物を見学したり、自然を思う存分感じる事ができて嬉しかったです。気が付くと沢山歩いていました。ポイントも増えるし健康にも良くて一石二鳥です。何かご褒美があると更に意欲も湧きます。ただ自分のペースで無理なく歩くことも学びました。一日何歩と決めるのも大事ですが、体調に合わせて一ヶ月単位で考えています。この夏は過酷な暑さに見舞われ外出する事は大変でしたが、工夫しながら何とか乗り切る事ができました。これからも体と相談しながら楽しく続けていくつもりです。

活用方法waku1215さん(都筑区・60代・男性・アプリ)

参加者の声 waku1215さん(都筑区・60代・男性・アプリ)

65才で42年間勤めた会社を定年退職した時に参加させていただきました。歩いた距離によって全国のバッジがもらえるのが楽しくて、毎日10,000歩以上歩けています。散歩中に出会った野鳥などを撮影して投稿できるのも楽しみの一つです。普段はほかの人の写真を見て、良い場所の情報を入手しています。

活用方法E.Sさん(青葉区・40代・女性・アプリ)

参加者の声 E.Sさん(青葉区・40代・女性・アプリ)

よこはまウォーキングポイントに参加して良かったことは色々ありますが、第一に、歩くことで抽選に参加できることです笑!ママ友や職場の方も、よこはまウォーキングポイントの存在を知っている方は多いのですが、取り入れている方はまだまだ少ない印象があります。なので、私は、「抽選や他の方の写真投稿を見たりするのが楽しくて、続けているよ!」と紹介しています!良いのかは分かりませんが、まずは始めるきっかけ作りになればと思い、楽しかったことをお伝えしています! 40代に入り、お友達や家族との会話の中で、健康面の話題が出るようになりました。普段の生活の中で歩くことの大切さを、アプリを通じて感じるようになりました。 通勤時の歩数は大体同じなのですが、雨の日は歩く距離が長くなるので、大変な分、歩数がカウントされるのが楽しいです!また、歩数の目標達成ができたら、「今日もよく頑張りました!」と、達成カレンダーで自分へ花丸がつけられることも達成感に繋がります。 今後もよこはまウォーキングポイントの楽しさを周りへ伝えながら、ゆるく長く続けていこうと思います!

横浜の魅力再発見!Y.Sさん(中区・60代・女性・アプリ)

参加者の声 Y.Sさん(中区・60代・女性・アプリ)

良かったのは夫婦のきづなが深まったことです。 仕事を引退して暇を持て余していた頃、こちらのウォーキングポイントのアプリを知りました。普段の散歩では、同じ所に行きがちでしたが、「横浜でこんなに自然あふれる所があるんだ!」とか「違うルートがあるんだ」という発見があり、夫婦で楽しくウォーキングしています。スタンプイベントは特に楽しみで、ボーナスポイントがいただけたり、その区のプレゼントがいただけたりして嬉しいです。主人は、写真投稿で「行きたい!」がもらえるのが嬉しく、新しくカメラも買ってしまいました。フォトコンに入賞して、私も嬉しかったです。

健康を実感!めめちゃんさん(鶴見区・70代・男性・歩数計)

参加者の声 めめちゃんさん(鶴見区・70代・男性・歩数計)

よこはまウォーキングポイントに参加して3年9ケ月経ちました。きっかけは、変形性膝関節症で、整形外科医に「痛いから動かないのでなく、膝回りの筋肉をつけなさい」と言われたからです(当時はしゃがんでから立ち上がれませんでした)。夏は気持ちのよい涼やかな風の中を、冬は真っ暗な中をヘッドライトを点け、早朝の鶴見川の土手を1時間ほどウォーキングしています。朝陽が昇る時の幻想的な朝焼けを眺めていると、とても神秘的で地球にいることを忘れさせてくれます。ウォーキングのお陰で膝の痛みも薄れ、しゃがんでも立ち上がることができるようにもなりました。よこはまウォーキングポイントに出会って、膝も良くなり、今まで見られなかった景色を目にすることもでき、“赤い歩数計”君とはこれからも永いお付き合いとなっていきます。

健康を実感!輝きはひらり(港北区・60代・女性・アプリ)

参加者の声 輝きはひらり(港北区・60代・女性・アプリ)

色々な方の写真投稿を見て、実際にその場所へ行ってみたくなり、座間のヒマワリ畑に行く事ができました。自分の目標歩数の達成もワクワクするので、毎朝20分ですがお散歩習慣がついて、なんと2キロ痩せました。今後も無理せずに続けたいと思っています。

その他元気な爺さん(都筑区・70代・男性・歩数計)

参加者の声 元気な爺さん(都筑区・70代・男性・歩数計)

よこはまウォーキングポイントは、会社人生の時は健康維持のため、会社を卒業してからは私にとっての生きがいです。毎日どこへ行こうか考えるのも楽しみだし、実際に新しい発見があってとても満足しています。都筑区の緑道ハレハレMAPを手に入れてからは、ますますいろいろな場所を訪ねて歩くのが楽しみです。これからもずっと歩き続けたいと思っています。

その他ともまるさん(緑区・30代・女性・アプリ)

参加者の声 ともまるさん(緑区・30代・女性・アプリ)

よこはまウォーキングポイントに参加してから、在宅ワークの夫と昼休憩に一緒にウォーキングすることが日課となりました。現在妊娠中の私にとっては体力維持のためはもちろんですが、色々おしゃべりをしながら出産前の2人で過ごす大切なリフレッシュタイムとなっています。子供が生まれたら今度は家族3人でお散歩することが今から楽しみです。

その他シロクマさん(旭区・男性・60性・アプリ)

参加者の声 シロクマさん(旭区・男性・60性・アプリ)

歩数計からアプリに変更して、スマートウォッチと連携するようになって、自宅内でもかなり歩いていることに気が付きました。毎朝、散歩するのが習慣となり、体調も良いです。毎月、健保主催の8kmウォーキングに参加するのが、楽しみになりました。

その他ブルースさん(港南区・60代・女性・アプリ)

参加者の声 ブルースさん(港南区・60代・女性・アプリ)

今日はどれくらい歩けたか確認するのが毎日の習慣になりました。何年か前までは車生活で、歩くことの大切さはあまり意識していなかったと思いますが、よこはまウォーキングポイントを始めてから、毎日アクセスするのが楽しみになっていることに気付きました。ランキングも上位の方に限らず目安にもなると思いますし、様々な工夫をこらしていて大変面白いと思っています。良い習慣は健康生活の礎となります!今後も継続して楽しんでいこうと思ってますよ!

その他ごんたさん(旭区・60代・女性・アプリ)

参加者の声 ごんたさん(旭区・60代・女性・アプリ)

近所の友達と週1回、近くではないけど公園でラジオ体操に参加しています。毎回参加人数は、その時々変わるのですが、皆さん元気な方ばかりで、有意義なひと時を過ごしています。友達からよこはまウォーキングアプリについて教えてもらい、最近参加しました。スマホを持って出かけるのが楽しく、「あと何歩で1ポイント」と表示されるのを見ると、頑張ってもう少し歩こうと思います。 これからは、歩くのに良い季節です。友達に感謝、感謝。

今後も順次掲載予定です

よこはま
ウォーキングポイント
お問合せ

よこはまウォーキングポイント事業事務局
電話:0570-080-130/045-681-4655FAX:0120-580-376(フリーダイヤル)
MAIL:navi-ywp@ml.city.yokohama.jp
受付時間:平日9:30~17:30 ※土・日・休日、年末年始はお休み


ページ
先頭へ